/

この記事は会員限定です

新興国、廃プラ輸入規制「逆戻り」 再生原料不足背景に

[有料会員限定]

【バンコク=岸本まりみ】廃プラスチックの輸入禁止に動いていた新興国が相次いで政策を逆戻りさせている。タイは全面禁輸を5年延期し、トルコは7月に始めた規制をわずか8日で撤回した。2017年に中国の規制で行き場を失った廃プラが新興国に流れ込むと、各国は「世界のゴミ捨て場」となることを恐れ、相次いで輸入規制を強化した。ただ新興国の資源ゴミ回収の仕組みは依然として整っておらず、再生プラの原料が不足する事態...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1274文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン