/

タイの電動バイク新興、3.7億円調達 拠点拡充などに

タイのイートランが開発するデリバリー用電動バイク

【バンコク=岸本まりみ】電動バイクを開発するタイのスタートアップ、イートランは複数の投資家などから350万ドル(約3億7800万円)を調達したと発表した。調達資金は開発費や生産拠点の拡充にあてる。環境意識の高まりを背景に2025年までに10万台の電動バイクを販売し、タイの電動バイクシェアの50%を獲得することを目指す。

タイの二輪用タイヤメーカー、NDラバーなどからの出資を受けた。21年内にも食品などの配達に使う電動バイクなど新型モデル2種を発売する計画。22年には4億~5億バーツ(14億~17億5千万円)の売り上げを見込む。充電網の整備も進める。イートランは「3年以内に首都バンコクで100カ所の充電ステーションを設ける」とした。

イートランは15年設立で、19年に数量限定で電動バイクを発売した。タイでは大気汚染が深刻化しており、イートランは環境意識の高い消費者の需要を取り込む狙いだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン