/

この記事は会員限定です

タイ下院で首相不信任案審議 野党、総選挙へ得点狙う

[有料会員限定]

【バンコク=村松洋兵】タイ下院で19日、野党が提出したプラユット首相らに対する不信任案の審議が始まった。野党は軍政の流れをくむ連立政権の経済政策が失敗していると批判する。連立与党が過半数を占める現状で可決は微妙だ。野党の真意は、2023年5月までの実施が見込まれる下院総選挙に向けた有権者への「得点稼ぎ」だとみられている。

不信任案はタクシン元首相派の最大野党「タイ貢献党」が軸の政党グループが提出...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1141文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン