/

ミャンマー総司令官、タイに支援要請「民主主義支持を」

(更新)
タイのプラユット首相は2014年に軍事クーデターを主導した

【バンコク=村松洋兵】タイのプラユット首相は10日、ミャンマーで軍事クーデターを起こしたミン・アウン・フライン国軍総司令官から書簡を受け取ったと明らかにした。同氏は国軍が権力を掌握した理由を説明し「ミャンマーの民主主義を支持してほしい」と求めたという。プラユット氏は陸軍司令官だった2014年にタイでクーデターを主導している。

ミャンマーのミン・アウン・フライン国軍総司令官は1日、クーデターで権力を掌握した=ロイター

プラユット氏は報道陣に対して「私たちは既にミャンマーの民主化プロセスを支持している」と述べた。ミャンマーのクーデター後に、外国の首脳がミン・アウン・フライン氏から連絡を受けて、内容を明かすのは初めてとみられる。同氏は20年11月のミャンマー総選挙で不正があったと主張しており、隣国のタイに理解を求めたものとみられる。

プラユット氏は14年のクーデター後に軍事政権の暫定首相に就いた。民政復帰に向けた19年の総選挙には出馬しなかったが、親軍政党の支持を受けて首相を続けている。タイの反体制デモ隊は、事実上の軍政継続だとして退陣を求めている。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

ミャンマー国軍は2021年2月1日、全土に非常事態を宣言し、国家の全権を掌握したと表明しました。 アウン・サン・スー・チー国家顧問率いる政権を転覆したクーデター。なぜ起きたのでしょうか。 最新ニュースはこちら。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン