/

この記事は会員限定です

貧困国の9割、来年接種できず ワクチン格差広がる

[有料会員限定]

【バンコク=岸本まりみ】米政府が11日、新型コロナウイルスのワクチンを初めて承認し、近く接種が始まる。先進国が多くのワクチンを先行確保するなか、資金力で劣る貧困国は国民の9割が来年接種を受けられないとの調査もある。接種が進まなければ経済回復でも後れをとりかねず、国際社会にとってワクチンをどう公平に分配するかが課題となる。

英国に続いて米で接種が始まることで、感染収束に期待がかかる。日本で接種が認め...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1176文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン