/

この記事は会員限定です

タイ石油公社、中国EVを受託生産 鴻海との合弁で検討

[有料会員限定]

【バンコク=村松洋兵、北京=多部田俊輔】タイ国営のタイ石油公社(PTT)が台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業と合弁で、中国の電気自動車(EV)の受託生産に乗り出す。PTTのEV事業トップが中国の新興メーカーと交渉中だと明らかにした。販売実績が豊富なEV会社と組み、2024年の生産開始目標の実現に弾みをつける。日系メーカーが主導する自動車産業の構図が変わる機運が高まっている。

「24年初に生産準備」

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1863文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン