/

この記事は会員限定です

タイ、10年有効の長期ビザ導入へ 高度人材獲得めざし

[有料会員限定]

【バンコク=藤原豊秋】タイの投資誘致機関である投資委員会(BOI)が9月、産業高度化を支える人材や投資家を海外から呼び込むため、期間10年の長期ビザを導入する。今後5年間で日本を含む先進国から100万人の獲得を目指し、自動車、電子、バイオなど重点産業の競争力拡大につなげる。

BOIのナリット・テートサティーラサック副長官が日本経済新聞に明らかにした。「潜在力がある高度外国人材」を発給対象者とする...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り976文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン