/

この記事は会員限定です

タイ石炭大手バンプー、炭鉱新規開発を停止 環境に軸足

ソムルディーCEOインタビュー

[有料会員限定]

【バンコク=村松洋兵】タイ石炭最大手バンプーのソムルディー・チャイモンコン最高経営責任者(CEO、59)は日本経済新聞の取材に応じ、炭鉱の新規開発を停止すると明らかにした。天然ガスや再生可能エネルギーを強化し、2025年までに低炭素事業の利益比率を全体の5割以上に高める計画だ。環境対応が遅れていた東南アジア企業にも脱炭素の動きが広がってきた。

バンプーは1983年、タイ政府から同国北部の炭鉱事業を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1861文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

カーボンゼロ

温暖化ガス排出を実質ゼロにするカーボンゼロ。EVや再生エネルギー、蓄電池、各国政策などの最新ニュースのほか、データ解説や連載企画を提供します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン