/

南ア、陽性でも無症状なら隔離不要 「第4波」終了宣言

免疫獲得、60~80%に

【イスタンブール=木寺もも子】南アフリカ政府は1月31日、新型コロナウイルスに感染しても無症状なら隔離を不要にすると発表した。人口の多数がワクチン接種や過去の感染によって免疫を獲得したためという。感染拡大の「第4波」を全国的に脱したとも宣言した。変異型「オミクロン型」がいち早く広がった南アで感染対策が収束に向かう。

同日に開いた専門家会議を経て閣議決定した。即時実施する。政府は規制緩和の理由について「複数の抗体調査で60~80%を超えるなど、新型コロナの免疫を獲得した人がかなり増えた」と説明した。

濃厚接触者も無症状なら隔離は不要とし、症状がある人の隔離期間は10日から7日に短縮する。学校も全面再開させ、教室でのソーシャルディスタンスの要件を撤廃する。詳細は近日中の政令で定める。

南アは2021年11月下旬、世界でいち早くオミクロン型の存在を報告した。感染者数は12月中旬にかけて急増し、1日あたり2万人超となったがその後急速に減少。22年1月31日は1400人台だった。

オミクロン型はその後、欧米やアジアに急速に広がった。感染力は高いものの、ワクチンの普及もあって重症者や死者は抑えられており、欧州などでは規制を緩和する動きが広がる。

英国の人口の大半を占めるイングランドでは27日、マスク着用義務などがなくなった。デンマークは2月からすべての国内規制を撤廃する予定で、飲食店の営業時間短縮などが解除される。オーストリアも順次規制を緩和する。感染を封じ込めるための厳しい規制は経済的な打撃も大きく、「コロナとの共存」に切り替える動きが世界各国で強まる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン