/

この記事は会員限定です

米ロ、中央アジアで綱引き 米アフガン撤退後の駐留模索

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

【モスクワ=石川陽平】旧ソ連・中央アジアで米国とロシアの綱引きが激しくなってきた。アフガニスタンから軍撤退を始めた米国は、テロ対策として近接する中央アジア諸国に軍事拠点を設ける検討に入った。同地域で影響力を維持したいロシアと中国は米軍進出に強く反対する姿勢で、特にロシアは部隊増強など地域安全保障への関与を強めて米国をけん制している。

「我々は永遠に同盟国だ」。キルギスのジャパロフ大統領は5月30日...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1505文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン