/

ロシア、三井物産の出資承認 サハリン2新会社に12.5%

【カイロ=久門武史】タス通信は30日、ロシア政府が極東の資源開発事業「サハリン2」を巡り、新たな運営会社に三井物産が12.5%出資することを承認したと伝えた。参画に当たりロシア側が不利な条件を提示しないかが焦点で、なお先行きに不透明さが残る。

サハリン2の新運営会社は5日付でロシア国内に設立され、日本の商社などが出資する旧会社から事業が移管された。三菱商事も新会社に参画する意向だ。旧運営会社には三井物産が12.5%、三菱商事が10%をそれぞれ出資していた。

サハリン2からの液化天然ガス(LNG)は日本全体の輸入量の1割弱を占める。日本政府は冬の電力需給逼迫を避けるにはサハリン2のLNG供給が欠かせないと判断。安定調達に向け権益を維持したいとの方針を打ち出し、両社に新会社にも出資を継続するよう求めてきた。

英石油大手シェルは旧会社に約27.5%を出資していたが、ロシアのウクライナ侵攻後に撤退を表明していた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

ウクライナ侵攻

2022年2月、ロシア軍がウクライナに侵攻しました。戦況や世界各国の動き、マーケット・ビジネスへの影響など、関連する最新ニュースと解説をまとめました。

■戦況  ■マーケット・金融への影響  ■ビジネスへの影響 

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません