/

この記事は会員限定です

G7「復権」へ対中国前面 人権や自由貿易で結束狙う

6月首脳会議へ相次ぎ閣僚会合

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

【ロンドン=中島裕介】主要7カ国(G7)は3日からの外相会合を手始めに、6月の首脳会議(サミット)に向け閣僚会合を集中的に開く。中国への対処が全体を貫くテーマと言える。米国のトランプ前大統領時代に入った亀裂を修復し、共通の価値を示すG7の「復権」が焦点になる。

「脅威の高まりや課題への対応が必要な今こそ、民主主義のグループを結集し団結を示すときだ」。議長を務める英国のラーブ外相は4日、G7外相会合...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1161文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン