/

ウクライナ大統領、NATO加盟申請表明 ロシアに対抗

(更新)

【ブリュッセル=竹内康雄】ウクライナのゼレンスキー大統領は30日、米欧の軍事同盟である北大西洋条約機構(NATO)への加盟を申請すると表明した。ロシアがウクライナ東・南部の4州を一方的に併合すると宣言したことへの対抗策だ。NATOのストルテンベルグ事務総長は同国が「自らの道を選択する権利を尊重する」と述べた。

ウクライナ大統領府によると、ゼレンスキー氏は声明でウクライナは事実上、NATOの同盟国になっていると主張した上で「これを法的な形にすることを申請する」と表明した。動画サイトには、ゼレンスキー氏らが署名した文書を手に持って示した。

ロシアのプーチン大統領は30日の演説で、ウクライナに和平交渉を再開するよう求めた。ゼレンスキー氏は「我々はロシアと対話する用意があるが、それは別の大統領とだ」として、プーチン氏との交渉には応じない考えを示した。

NATOのストルテンベルグ事務総長は30日の記者会見で、ウクライナのNATO加盟申請に関連して、同国が「自らの道を選択する権利を尊重する」と述べた。その上で加盟には全30カ国の合意が必要だと説明した。

NATOには集団的自衛権の規定があり、1つの国が攻撃されれば、他の加盟国が防衛する義務がある。ウクライナが加盟国になれば、ロシアとNATOの間の戦争になる可能性がある。現時点で全30カ国が賛成する可能性は低く、加盟は停戦が実現してからの将来的な課題になる。

さらに「我々の今の焦点はウクライナに即時の支援を提供することだ」と強調し、ウクライナの加盟は優先課題でないとの認識をにじませた。

ストルテンベルグ氏はロシアの一方的な併合について、2月の侵攻開始以降「最も深刻な事態の悪化だ」と述べた。NATO加盟国はこの併合を「今後も認めることはない」と説明し、ウクライナを引き続き支援すると表明した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ウクライナ侵攻

2022年2月、ロシア軍がウクライナに侵攻しました。戦況や世界各国の動き、マーケット・ビジネスへの影響など、関連する最新ニュースと解説をまとめました。

■戦況  ■マーケット・金融への影響  ■ビジネスへの影響 

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン