/

この記事は会員限定です

カリブの島国バルバドス、君主制廃止 英は影響力残す

[有料会員限定]

【ロンドン=中島裕介】カリブ海の島国バルバドスが11月30日、英国のエリザベス女王を国家元首とする立憲君主制から共和制に移行した。一方で主に英国の元植民地の国々で構成する機構「英連邦」には残る見通しだ。結果的にバルバドスが植民地支配時代との決別をアピールしつつ英連邦に残るメリットを維持し、英国もカリブ海地域での影響力減退を防いだ形となった。

これにより英女王を国家元首とする「英連邦王国」は16カ国...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り862文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン