/

欧州委、Appleに警告 音楽配信で市場ゆがめた疑い

(更新)
EUの欧州委員会のベステアー上級副委員長=AP

【ブリュッセル=竹内康雄】欧州連合(EU)の欧州委員会は30日、EU競争法(独占禁止法)違反の疑いがあると警告する「異議告知書」を、米アップルに送付したと発表した。音楽配信サービス企業がアップルの独自の課金システムを利用するよう強制され、音楽配信市場の競争がゆがめられているとの見解を示した。

異議告知書は欧州委の見解を示した文書で、アップルにはこれに反論する機会が与えられる。欧州委はその上で最終的な判断を決め、違反が認定されればアップルに制裁金の支払いなどを命じる。欧州委は2020年から正式な調査を続けてきた。

この問題は音楽の配信サービスを提供するスポティファイ(スウェーデン)が欧州委に訴えたことが発端だ。アップルのスマートフォン「iPhone」やタブレット端末「iPad」の利用者が音楽のストリーミングサービスを利用する際、スポティファイのような業者がアップルが運営する「アップストア」を通じて配信するアプリを使う。

欧州委によると、料金の支払いはアップルの独自システムの利用が義務付けられ、アップルは30%の手数料をアプリ開発者に請求している。アップルも自社で音楽配信サービス「アップルミュージック」を手掛けており、スポティファイなどの競合企業の料金を高くして、アップルに有利な状況にしていたともみている。

欧州委が調査したところ、ほとんどの音楽配信サービス業者は価格を引き上げて利用者にこの負担を転嫁していた。その結果、消費者の高い料金負担につながっていた。加えて、アップルはアプリ外でより安くコンテンツを購入する代替手段を、音楽配信サービス業者が利用者に周知する手段を制限しているという。

欧州委のベステアー上級副委員長(競争政策担当)は声明でアップストアが現在のデジタル経済で中心的な役割を果たしていると指摘。競合する音楽配信サービス業者に不利で厳格なルールを課すことで「アップルは利用者から安価なサービスを受ける選択肢を奪い、競争をゆがめている」と批判した。

アップルは同日付の声明で「今回の訴えの核心は、世界のどのストアも認めていない代替手段の宣伝を彼らのアプリ上で可能にすべきだというスポティファイの要求にある」と指摘。「欧州委員会がスポティファイに代わって主張することは、公正な競争とは正反対である」と強調した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン