/

この記事は会員限定です

英「分裂」阻止が課題 EU離脱1年、TPPで外交に活路

[有料会員限定]

【ロンドン=中島裕介】英国は欧州連合(EU)離脱からちょうど1年となる節目で、環太平洋経済連携協定(TPP)への参加申請に踏み切る。2021年の英国は主要7カ国(G7)首脳会議の議長国という追い風を生かし、EU域外との積極外交で国際社会での影響力をアピールする。ただ内政ではEU残留を望んでいた北部のスコットランドが独立機運を高めており、英国の「分裂」を防ぐという重要課題も抱えている。

20年1月末...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り743文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン