/

英、TPP参加を正式申請へ 発足11カ国以外で初

トラス英国際貿易相はTPP参加申請に向けて加盟国との水面下の接触を重ねてきた=英政府提供

【ロンドン=中島裕介】英政府は30日夜(日本時間31日朝)、環太平洋経済連携協定(TPP)への参加を2月1日に正式に申請すると発表した。発足11カ国以外の国による参加申請は初めて。日本が中核的な役割を果たすTPPの拡大機運が高まりそうだ。

英国のトラス国際貿易相が1日、輪番議長国を務める日本の西村康稔経済財政・再生相やニュージーランドのオコナー貿易・輸出振興相とオンライン会談し、参加を申請する。今春から本格的に交渉に入る。

英国はすでに水面下で個別に加盟国への接触を重ねており、現加盟11カ国はおおむね歓迎する見通しだ。ただ関税やルールなどの交渉は「数カ月レベルでは終わらない」(日英通商筋)との見方が強く、加盟までの交渉は長引く可能性もある。英政府は自らの加盟で世界の13%の規模だったTPP加盟国の国内総生産(GDP)比率は16%を超えるとしている。

2020年1月末に欧州連合(EU)を離脱した英国は20年末に激変緩和のための移行期間も終わり、EUから完全離脱した。EU域外と自由に通商交渉できるようになった英国にとって、TPP参加は離脱のメリットを示す目玉政策となる。ジョンソン首相は30日夜、「EU離脱から1年という時期に、英国民に莫大な利益をもたらす経済連携を築く」と交渉に向けた意欲を語った。

TPPは当初、米国も含めた12カ国で15年10月に大筋合意に至った。だがトランプ政権発足直後の17年1月に米国が離脱を宣言したため、現加盟11カ国で18年末に発効した。現在は中国や韓国、タイなども参加を検討している。米国が復帰すればTPPの経済規模は一気に膨らむが、バイデン新政権は対米投資の拡大や内政を優先しており、現段階ではTPP復帰には慎重姿勢だ。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン