/

ロシア各地で再び抗議集会 全国で4000人超拘束

反体制派指導者の釈放要求

(更新)
ナワリヌイ氏の釈放を求める抗議集会で警官隊と衝突するデモ参加者(31日、サンクトペテルブルク)=ロイター

【モスクワ=石川陽平】ロシアの反体制派指導者アレクセイ・ナワリヌイ氏の釈放を求める2回目の抗議集会が31日、同国各地で開かれた。プーチン政権は治安部隊を大量に投入し、拘束者は全国で4000人を超えた。米CNNによると、ナワリヌイ陣営は政権関係者に制裁を科すよう求める書簡をバイデン米大統領に送った。

ナワリヌイ陣営が呼び掛ける抗議集会は31日、極東から西部へと順次始まった。当局の許可は得ておらず、政権側が「違法だ」として阻止に動いた。モスクワではロシア連邦保安局(FSB)本部や官庁街付近で開かれる予定だったが、治安当局は周辺地域を事実上、封鎖した。

ナワリヌイ氏の支持者はモスクワ中心部から外れた地域で行進を試みたものの、治安当局に次々と拘束された。インターネットメディアのメドゥーザによると、極東ウラジオストクでは市民がアムール湾の氷上に集まり「泥棒プーチン」と連呼した。

人権団体OVD―インフォによると、31日の抗議集会に関連した拘束者は、モスクワ時間の午後6時半(日本時間2月1日午前0時半)すぎまでに全国80以上の都市で4000人超に達した。モスクワでは拘束者の数が1200人を超えた。ナワリヌイ氏の妻ユリアさんも拘束されたと報じられた。

31日、モスクワで治安部隊により拘束されたデモ参加者=ロイター

前回の23日は130を超す都市で4000人以上が拘束された。ロイター通信の推計では、モスクワでは前回4万人前後が集まり、プーチン体制下では最多の1500人超が拘束された。今回は治安部隊に大規模な集会の開催を阻まれた。

政権が毒殺を図った疑惑があるナワリヌイ氏は17日、療養先のドイツから帰国直後に司法当局により身柄を拘束された。翌日、30日間の勾留が決まった。2月2日には過去の有罪判決に基づく執行猶予を実刑に切り替えるかどうかを審理する裁判が予定される。

ナワリヌイ氏ら調査グループが動画投稿サイトのユーチューブで公表した政権の汚職に関する調査報道「プーチンのための宮殿」は視聴回数が1億回を超えた。

ロシア通信によると、約1400億円を費やしたとされる南部保養地の「宮殿」について、プーチン氏の旧友で実業家のアルカジー・ロテンベルク氏が30日、自分が所有者だと明らかにした。

抗議集会はナワリヌイ氏の釈放だけでなくプーチン氏の辞任も求めるようになっており、警戒した政権は強硬な姿勢を強めている。抗議集会を前に陣営幹部らへの捜査を拡大し、27日には反体制派の法律家リュボフィ・ソボリ氏らを拘束した。

政権は抗議集会の呼び掛けや連絡に利用されている交流サイト(SNS)のフェイスブックやTikTok(ティックトック)などへの締め付けも強化した。未成年者への集会参加の呼び掛けを削除しなかったとして罰金を科したほか、29日には監督当局が各SNSの代表者を呼び出した。

国際社会は政権への批判を高めている。主要7カ国(G7)外相は26日、ナワリヌイ氏を直ちに無条件で釈放するようロシアに求める声明を発表した。バイデン米大統領も同日、プーチン氏との電話で釈放を求めた。ナワリヌイ氏が率いる「反汚職基金」は29日付で、バイデン氏に政権関係者35人に制裁を科すよう求める書簡を送った。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン