/

この記事は会員限定です

米欧英中銀、インフレ退治へ「痛み」覚悟 引き締め優先

[有料会員限定]

【シントラ=篠崎健太】米欧英の3中央銀行トップは6月29日の欧州中央銀行(ECB)主催の討論会で、急激に進むインフレの抑制を最優先する構えをみせた。ロシアのウクライナ侵攻や新型コロナウイルス禍が転機となり、低インフレ時代の終了を見据えた政策転換を迫られている。米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長はインフレ抑制に景気の多少の犠牲はやむを得ないとの考えを示すなど、軟着陸の道が狭まりつつある。

「...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り864文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン