/

この記事は会員限定です

パリ同時テロ、実行犯に終身刑 テロの脅威続く

(更新) [有料会員限定]

【マドリード=白石透冴】130人が死亡した2015年のパリ同時テロをめぐって仏裁判所は29日、実行犯のうち唯一生き残ったとされ、テロ殺人罪などに問われたモロッコ系フランス人、サラ・アブデスラム被告に終身刑を言い渡した。事件は区切りを迎えたが、欧州では今もイスラム過激派によるテロ事件の脅威が続いている。

仮釈放を原則認めない条件が付き、死刑のないフランスでは最も重い刑となった。アブデスラム被告が身...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り884文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン