/

EUのワクチン輸出制限 北アイルランド巡り混乱

(更新)
英領北アイルランドとEU加盟国アイルランドの間に物理的な国境を設けずにどうEU離脱を実現するかは、一連の英EU交渉の大きな争点だった=AP

【ロンドン=中島裕介】欧州連合(EU)が29日に決めた新型コロナウイルスワクチンの輸出制限が、英国のEU離脱で難題だった英領北アイルランドの国境問題にまで混乱を及ぼした。EUは物理的な国境のないEU加盟国アイルランドと北アイルランド間のワクチン輸送も制限する方針をいったん固めたが、「離脱の取り決めに反する」との批判を受けて同日夜に撤回した。

輸出制限のきっかけは、英製薬大手アストラゼネカがEU域内でのワクチン生産量の想定以上の落ち込みで、EU向けの供給量を引き下げると通告したことだ。EUは輸出制限を、域内市民向けに必要な量を確保するための時限措置と説明する。

一方で北アイルランドを巡っては、かつての国境を巡る紛争を再発させないために、アイルランド島に物理的な国境は設けず、自由な物流を確保することを英EU間の離脱協定に盛り込んだ。この協定の中には「深刻な経済的、社会的な困難がある場合」に輸出を止められる規定がある。EUはこの規定を発動して、アイルランド島を通じた英国へのワクチン流出の阻止を図ろうとした。

ところがEUの動きを、離脱協定違反とみた英側の一部が「EUがアイルランド島に国境を設けた」と猛反発。英国のジョンソン首相も29日夕、アイルランドのマーティン首相との電話協議で懸念を表明した。結局、当日深夜、EUの欧州委員会は北アイルランドに関する取り決めに「影響が出ないようにする」との声明発表を余儀なくされた。ワクチン争奪戦がEU離脱の難題にも影を落とした形だ。

新型コロナ特集ページへ

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン