/

この記事は会員限定です

独金融監督庁トップ、ワイヤーカード問題で交代

[有料会員限定]

【ベルリン=石川潤】ドイツのショルツ財務相は29日、不正会計疑惑で経営破綻した独ワイヤーカード問題を受けて、独連邦金融監督庁のフーフェルト長官を交代させると発表した。後任は明らかにしていない。ワイヤーカードの不正を長年にわたり見抜けなかったとして同庁は市場関係者らから厳しく批判されており、事実上の更迭とみられる。

ドイツ政府はワイヤーカード問題であらわになった金融監督機能の問題を解決するため、組織...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り444文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン