/

台湾外交トップ、航行作戦「頻繁に」欧州議員らに要請

【ローマ=今出川リアノン】訪欧中の台湾の呉釗燮・外交部長(外相)は29日、英仏やリトアニア、スウェーデンなどの対中強硬派議員の会合に参加した。民主主義陣営は南シナ海での航行の自由作戦を「より頻繁に実施すべきだ」と要請し、中国の拡張主義をけん制することが重要だと訴えた。

呉氏はローマで開かれた対中政策に関する列国議会連盟(IPAC)の会合にオンラインで参加し、欧州やインドの議員らと議論した。「我々は(民主主義を巡る闘いの)最前線にいる。台湾の民主主義が破壊されてはならない」と警告した。さらに欧州連合(EU)に対し、台湾との投資協定に「動くとき」と促した。

ローマでは30日から20カ国・地域(G20)の首脳会議(サミット)が開かれる。そこでの会合に参加することで存在感を示す狙いがあるようだ。欧州は中国と距離を置く一方で、台湾との交流を深めつつある。直近ではフランスの上院議員団が台湾を訪問した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン