/

マスク氏、巨大通信衛星網に「最大3.3兆円投資」 MWC

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える

【バルセロナ=白石透冴】起業家のイーロン・マスク氏は29日、自身が手掛ける巨大通信衛星網のプロジェクト「スターリンク」について「投資総額は200億~300億ドル(約2兆2000億~3兆3000億円)になる」との見通しを示した。世界に広く高速通信を提供することを目指す同プロジェクトは、異例の大規模投資となる。

スペインのバルセロナで開催中の世界最大の携帯関連見本市「MWC」に、オンライン形式で参加して明らかにした。キャッシュフロー(現金収支)を黒字にするまでには50億~100億ドルの投資が必要になるとした。

スターリンクは約1万2000機の人工衛星を打ち上げることで、地上インフラが整っていない国や地域にも高速インターネットの接続環境を届けることを目指す。マスク氏が率いる米スペースXがこれまで約1500基の衛星を打ち上げている。

2月から予約の受け付けを始めており、顧客数は現在約6万9千人だ。「1年で約50万人にする」との目標も示した。複数の通信会社と提携関係を結ぶ交渉に入っていることも明らかにした。

通信衛星を使ったインターネット接続の提供は各国で関心が高まっている。英国政府などが出資する英スタートアップ、ワンウェブも衛星を打ち上げてサービスを展開する方針だ。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン