/

コロナ危機克服へ多国間協調 G20外相会合閉幕

アフリカ支援も確認

G20外相会合は洞窟住居で有名なイタリア南部マテーラで開かれた(29日)=AP

【マテーラ(イタリア南部)=細川倫太郎】イタリア南部マテーラで開かれた20カ国・地域(G20)の外相と開発相の会合が29日、閉幕した。新型コロナウイルスにおける危機克服に向けて多国間で協調していくことで一致した。飢餓が深刻化しているアフリカへの支援も確認した。

今回の外相会合は、10月にローマで開くG20首脳会議で成果を出すための地ならしとして注目を集めていた。日本から参加した茂木敏充外相は会合終了後、オンラインでの記者会見で、「G20が新型コロナからの回復を主導していくことで一致した」と述べた。

また、アフリカを中心に新型コロナの影響で深刻化している世界の飢餓問題や、気候変動の影響に対する取り組みを強化することでも合意した。議長国イタリアのディマイオ外相は記者会見で「G20は違いや距離を乗り越え、世界的な協力でのみ解決できる問題について全員が合意している」などと述べた。

議長国を務めるイタリアのディマイオ外相(29日、マテーラ)=ロイター

外相会合後に開かれた開発相会合では、途上国の支援について協議した。採択した共同声明では、ワクチンや治療薬などへの公平な供給が必要だと指摘した。持続可能な開発のために、資金調達の支援強化も確認した。資金調達については、透明性や説明責任の重要性も明記した。途上国が債務超過に陥り、重要インフラの権利を握られる中国の「債務のわな」を念頭に置いたとみられる。

外相と開発相の合同会合では、食料安全保障を強化する「マテーラ宣言」を採択した。2030年までに世界が飢餓の撲滅を達成する道筋にはないと危機感を示した。新型コロナ禍で一部の国が輸出制限していることを念頭に、世界貿易機関(WTO)ルールに沿って開かれた食料貿易を維持していくことで一致した。

G20外相会合が対面で開かれたのは約2年ぶり。中国の王毅(ワン・イー)国務委員兼外相はオンラインで参加した。ロシアのラブロフ外相は欠席し、代わりに外務次官を派遣した。多くの国は外相が開発相も兼務している。

G20の国は世界の国内総生産(GDP)の80%以上、人口の60%を占めている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン