/

この記事は会員限定です

英EU完全離脱3カ月 水産業に打撃、魚介類輸出83%減

[有料会員限定]

英国が欧州連合(EU)を完全離脱して3カ月。ジョンソン政権は通商政策の自由といったメリットを主張するが、通関手続きの発生など新たな貿易ルールに産業界の苦戦が続く。特に影響が深刻な水産業では1月のEU向けの輸出が83%減少した。北アイルランドの国境問題を巡りEUが英国に対し法的措置を交えて抗議するなど、英EU間の摩擦も強くなっている。

「収入がない。状況が変わらなければ事業をたたむか、大幅に再編する...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1375文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン