/

スエズ運河の通航再開 現地当局、渋滞解消には「3日半」

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える

【イスマイリア(エジプト北部)=久門武史】エジプトのスエズ運河で座礁した大型コンテナ船「エバーギブン」の離礁が成功し、29日夕(日本時間30日未明)に運河の通航が再開した。23日朝の座礁から6日あまりを経て、アジアと欧州を最短距離で結ぶ海運の大動脈が正常化に向かう。

スエズ運河庁のラビア長官が29日夜、同庁の所在地イスマイリアで記者会見を開き、運航再開を発表した。運河内や両端で足止めされた船は計422隻にのぼるとし、通過し終えるのに3日から3日半かかるとの見通しを示した。通航が再開した29日午後6時から30日午前8時までに113隻を通過させるとした。

ただ渋滞の解消がスムーズに進むかは不透明で、混乱の収束に時間がかかるとの見方は強い。コンテナ船世界最大手のAPモラー・マースク(デンマーク)は29日の顧客向け通知で、6日以上かかる可能性を指摘した。

一方、ラビア氏は6日あまりに及んだ運河遮断によるスエズ運河の損失が1日あたり1500万ドル(約16.5億円)になるとの試算を示した。「この事故に関わった当事者が負担する」と述べた。

運河庁は28日の満月で満潮時の水位が特に上がる大潮の機を利用し、タグボートで座礁していた船を動かした。29日未明にまず船尾を岸から102メートル離し、午後に船首を離礁させて船体を再浮上させた。エバーギブンは運河の中間にあるグレートビター湖に移動済みで、ここで損傷状態などを点検する。

スエズ運河は国際海運の要で、日本などアジアと欧州を結ぶ主要な航路になっている。スエズ運河庁によると19年の通航貨物量は10億3119万トンにのぼる。日本を含む極東を目的地とする貨物量は19年に約1億3000万トンと、5年前から倍増した。重量ベースではコンテナが5割近くを占め、原油関連なども多い。これまで運航再開時期が不透明で、供給網(サプライチェーン)寸断の懸念が高まっていた。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
投稿チェック項目URLを投稿文中に入力する場合は、URLの末尾にスペースか改行を入れてください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン