/

この記事は会員限定です

カタール封鎖緩和を協議 サウジで湾岸首脳会議

米仲介 中東勢力図に変化も

[有料会員限定]

【イスタンブール=木寺もも子】サウジアラビアなど湾岸諸国は5日、国交を断絶し封鎖措置を敷くカタールとの首脳会議で関係改善を協議する。米国とクウェートが和解を仲介しており、雪解けムードもある。封鎖緩和が実現すればアラブとイラン、トルコを巡る中東の勢力図にも影響を与えそうだ。

サウジ、アラブ首長国連邦(UAE)、バーレーン、クウェート、オマーンとカタールの6産油国で構成する湾岸協力会議(GCC)は5日...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り958文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン