/

この記事は会員限定です

核合意再建協議が再開 イラン「経済利益が重要」

[有料会員限定]

【ドバイ=福冨隼太郎】イランの核合意を巡る米国とイランの間接協議が28日、カタールの首都ドーハで再開された。合意に至れるかは依然不透明だが、イラン側は米国からの制裁解除で経済への打撃を食い止める狙いがある。7月には米バイデン大統領が中東を歴訪する予定で、対イラン包囲網の構築を懸念した可能性もある。

「イランにとって重要なのは(制裁の解除で)経済的な利益を得ることにある。米国の公平な行動を望む」―...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り712文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン