/

この記事は会員限定です

パリ協定達成、中印協調が実効性左右 COP26開幕へ

[有料会員限定]

【グラスゴー(英北部)=竹内康雄】地球温暖化対策を話し合う第26回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP26)が31日、英グラスゴーで開幕する。温暖化ガスの大排出国である中国やインドが排出削減に前向きな対応を示すかが最大の焦点だ。根深い先進国と途上国の対立を乗り越え、石炭の削減や途上国への資金支援で合意できるかも注目される。

温暖化防止の国際枠組み「パリ協定」は気温上昇を産業革命前から2度未満、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1566文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン