/

ロシア兵の母ら、ウクライナ撤退求め書簡 侵攻を非難

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える

ウクライナ侵攻で動員されたロシア兵の母親や反戦を訴える女性団体は27日、ウクライナからの撤退などを求める議会宛の公開書簡を発表した。すべての兵士の帰還も要求し、侵攻を非難した。

公開書簡は27日の「母の日」に合わせて議員に送付された。ロシアによるウクライナでの「特別軍事作戦」は「破壊と悲しみをもたらしながら続いている」と批判した。

部分動員令の発令で30万人超が招集されたことに触れ、家庭内の稼ぎ手を失ったことで母親の負担が増したと主張。「軍事行動の支持は家族、女性、子供の保護と相いれない」と指摘し、ウクライナ侵攻を早期に終結させるように呼びかけた。

ロシアが一方的に併合した領土の防衛を根拠に核兵器を使用するとの懸念が出ていることにも触れ、「国のトップが常に核兵器の使用をほのめかすことは子供たちの運命に対する恐怖を生み出す」と批判した。

プーチン大統領は25日、ウクライナで従軍する兵士の母親らとの懇談で「人はいつか死ぬ。問題は私たちがどう生きたかだ」と発言。ウクライナ侵攻での戦死を美化する考えを示していた。

ニューズレター

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ウクライナ侵攻

2022年2月、ロシア軍がウクライナに侵攻しました。戦況や世界各国の動き、マーケット・ビジネスへの影響など、関連する最新ニュースと解説をまとめました。

■戦況  ■マーケット・金融への影響  ■ビジネスへの影響 

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません