/

この記事は会員限定です

VW、最高益でも中国EV販売に不安 テスラ・中国勢先行

中国独走モデルに陰り

(更新) [有料会員限定]

【フランクフルト=深尾幸生】独フォルクスワーゲン(VW)が29日に発表した2021年1~6月期決算は、営業利益が過去最高を記録した。高級車の販売が好調なためだが、先行きは楽観できない。VWの「ドル箱」である中国市場に不安が生じているためだ。注力する電気自動車(EV)の出足が鈍く、米テスラや地元中国勢に引き離されている。中核市場でのEVの出遅れが今後の成長に影を落とす。

「上半期の記録的な業績は、ブ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1286文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン