/

この記事は会員限定です

「メルケル後」探る欧州 選挙ラッシュ、けん引役占う

[有料会員限定]

【ベルリン=石川潤、ロンドン=中島裕介】4年半続いた英国の欧州連合(EU)離脱を巡る混乱がようやく収束した欧州で、2021年から新しい秩序を探る選挙ラッシュが始まる。焦点は15年以上続いたメルケル政権の「次」を決める9月のドイツ連邦議会選挙だ。欧州では既存政党への支持が伸び悩む一方で、環境政党やポピュリズム政党の存在感が増しており、一連の選挙で政治地図が一変する可能性もある。

英国なきEUを誰が引...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1060文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン