/

この記事は会員限定です

サル痘感染者、20カ国以上で200人 WHO報告

[有料会員限定]

【ウィーン=細川倫太郎】世界保健機関(WHO)は27日、天然痘に似た感染症「サル痘」の患者がこれまでに20カ国以上で約200人確認されたと報告した。感染拡大の原因は分かっておらず、今後も増える恐れがあるとして警戒を呼びかけた。一方で封じ込めは可能とし、「パニックになる必要はない」と強調した。

WHOの感染症予防対策の担当者は「新型コロナウイルスのように急速に広がることはなく、一般市民が心配するよ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り538文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン