/

この記事は会員限定です

英・EU貿易、消えない摩擦 3割の企業「対EU取引減」

[有料会員限定]

【ロンドン=中島裕介】ジョンソン英政権は欧州連合(EU)域外との通商交渉の進展や、新型コロナウイルスワクチンの普及を離脱のメリットとしてアピールする。だが貿易ルールを巡り英EU間の摩擦は残り、輸出は細っている。

「我々は欧州最速のワクチン計画を提供し、環太平洋経済連携協定(TPP)の交渉も始まった」。ジョンソン首相は2016年の国民投票から5年となった23日の声明で、成果を訴えた。

EU域外との通...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1178文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン