/

アストラゼネカのワクチン、英で年明けに接種へ

アストラゼネカのワクチンは、通常の冷蔵庫で保管できるため途上国も含めた普及が期待されている=ロイター

【ロンドン=佐竹実】英製薬大手アストラゼネカと英オックスフォード大学が開発する新型コロナウイルスのワクチンが、英国で2021年1月4日にも接種が始まる見通しとなった。英フィナンシャル・タイムズなどが27日報じた。アストラゼネカのワクチンは通常の冷蔵庫で保管できるため、より多くの人に行き渡ることが期待されている。

英医薬品・医療製品規制庁(MHRA)が近く緊急承認する。英政府は同社のワクチンを1億回分調達する契約を結んでおり、高齢者や基礎疾患がある人などリスクの高い人から順に接種する。サッカー場や展示場などを使った、大規模な接種が計画されている。効果が確認されれば、ロックダウン(都市封鎖)の早期解除につながる可能性がある。

英政府は8日から米ファイザーと独ビオンテックのワクチンの接種を始めており、これまでに60万人が1回目を接種した。だが、同ワクチンは輸送時などにセ氏マイナス70度前後に保たなくてはならない。これに対してアストラゼネカのワクチンは通常の冷蔵庫で保管できるため、より大規模な接種が可能になるという。価格もファイザー製などに比べて安く、途上国を含めたワクチンの普及に期待がかかる。

アストラゼネカのワクチンの臨床試験(治験)では、最初に1回分の半分の量を投与し、1カ月後に1回分を追加したグループは90%の効果を確認した。2回分を1カ月おきに投与したグループは62%で、平均では70%の効果だった。90%の効果を確認したグループの年齢が55歳以下だったとの指摘もあり、同社は追加の治験を行っていた。

アストラゼネカのパスカル・ソリオ最高経営責任者(CEO)は27日、地元紙に対し、「効果的な接種の仕方が解明されたと思う」と述べている。

英国をはじめ世界では変異種の感染が広がっているが、世界保健機関(WHO)はいまのところ、ワクチンは変異種にも有効としている。アストラゼネカなどのワクチンが変異種に対しても効果を示すかどうかが、今後の焦点になりそうだ。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン