/

この記事は会員限定です

新興国がワクチン囲い込みに反発、価格つり上げの懸念も

[有料会員限定]

【ウィーン=細川倫太郎】先進国が新型コロナウイルスのワクチンを囲い込んでいるとして、新興国が反発している。欧米を中心とした変異種の広がりで調達競争が過熱し、高値での購入によって価格がつり上げられる懸念も強い。各国が奪い合う「ワクチン・ナショナリズム」はパンデミック(世界的大流行)の収束を遅らせかねない。

「我々はワクチン・ナショナリズムを懸念している。富裕国がワクチンにしがみついている」。26日、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り952文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン