/

Spotify、米で定額ポッドキャスト Appleに対抗

【ウィーン=細川倫太郎】スウェーデンの音楽配信大手スポティファイは27日、音声番組を配信する「ポッドキャスト」の定額課金(サブスクリプション)サービスを米国で始めた。制作者の収益化を支援する。ライバルの米アップルに対抗する動きで、ポッドキャストの顧客獲得競争が激しさを増している。

米メディアによると、利用料金は月額で2.99ドル(325円)、4.99ドル、7.99ドルのいずれかを制作者が設定できる。制作者は最初の2年間は無料で番組を提供できるため、原則、収入をすべて受け取れる。2023年からは5%の手数料を徴収する。今後数カ月間で他国でも展開する。スポティファイは現在、220万以上のポッドキャストの番組を提供している。

これに先立ち、アップルも新サービスを発表した。制作者が年19.99ドル支払えば、サブスクの料金を設定できる。手数料は1年目が30%、その後は15%で、スポティファイはアップルより大幅に低く設定した。

新型コロナウイルスの感染拡大で自宅にこもる人が増え、ポッドキャストの人気は急上昇している。米国ではアップルが君臨していたが、スポティファイが急激に追い上げ、利用者数は年内にアップルを追い抜くとみられている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン