/

仏サノフィ、ファイザーのワクチン生産へ 今夏から協力

(更新)
サノフィは自社開発のワクチンが遅れていることもあり、世界的な供給増を優先する=AP

【ロンドン=佐竹実】仏製薬大手サノフィは27日、米製薬大手ファイザーと独ビオンテックが開発した新型コロナウイルスのワクチンを自社工場で生産すると発表した。世界中でワクチンの供給が不足していることを受けて、協力体制を組む。サノフィは自社のワクチン開発が遅れていることもあり、より早く供給できる他社製品の生産に乗り出す。

サノフィとビオンテックが同日合意した。2021年夏からドイツのフランクフルトにあるサノフィの工場で1億2500万回分以上を生産し、欧州に供給する。サノフィのポール・ハドソン最高経営責任者(CEO)は「ワクチン供給は予想を下回っているほか、承認の遅れもあって接種能力が限られている」と指摘。「世界的な需要に答えるため、ファイザーとビオンテックのワクチン生産を支援する」と述べた。

サノフィは、英製薬大手グラクソ・スミスクライン(GSK)と新型コロナのワクチンを開発しているが、初期の臨床試験(治験)段階で高齢者の効果が想定を下回った。抗原を改良して治験を行うため、ワクチンの実用化が当初予定の21年半ばから21年10~12月期に遅れると発表していた。

新型コロナ特集ページへ

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン