/

この記事は会員限定です

エリザベス女王在位70年、5日まで記念行事 統合の象徴

(更新) [有料会員限定]

【ロンドン=佐竹実】英国のエリザベス女王(96)の在位70年を祝う記念行事「プラチナ・ジュビリー」が2日、4日間の日程で始まった。英国の戦後史を体現してきた女王はなお人気が高く、新型コロナウイルスの打撃から立ち直りつつある国民の一体感の象徴になっている。18世紀以来の「王は君臨すれども統治せず」の伝統を守り、民主主義国家における王室のあり方を世界に示してきた。

女王は2日昼すぎ(日本時間同日夜)...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1705文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン