/

この記事は会員限定です

バイデノミクスが世界翻弄 欧州、意図せぬ緩和延長も

ベルリン=石川潤

[有料会員限定]

巨額の財政出動と大胆な金融緩和を組み合わせたバイデノミクスが猛威を振るっている。米国の2021年の成長率予測は新興国並みの6%台に跳ね上がり、インフレへの警戒も高まる。にわかに活気づく米国経済は世界の成長をけん引する一方、ドル安や金利上昇を通じて各国経済や市場をかく乱しつつある。

「危険な自己満足だ」。サマーズ元米財務長官は18日、米連邦準備理事会(FRB)の緩和政策を批判し、急激なインフレに警鐘...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1451文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

「Market Beat」は世界のマーケットを俯瞰しながら、最先端のトピックやテーマをベテラン記者が独自の視点で取材・分析するコラムです。市場の動きを通じて世界経済の今をお伝えします。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン