/

この記事は会員限定です

日本は新エネ技術で世界主導を ファティ・ビロル氏

国際エネルギー機関(IEA)事務局長

[有料会員限定]

日本の国土は再生可能エネルギーの発電に適しておらず、2030年に46%以上の温暖化ガス削減、50年の実質排出ゼロという目標は容易ではない。省エネはすでに進み、公共交通機関の利用促進なども対応済みだ。二酸化炭素(CO2)の地中貯蔵という手段にも、日本の地質は適していない。

ではどうすべきか。まずは既存技術や設備の活用だ。省エネをさらに推進し、再生エネ導入を加速する。原子力発電も役割を果たすべきだ。日...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り992文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン