/

この記事は会員限定です

スタグフレーションに身構える欧州 紛争・疫病・脱炭素

Global Economics Trends 欧州総局編集委員 赤川省吾

[有料会員限定]

物価上昇と景気停滞が併存するスタグフレーションに身構える必要はないのか――。欧州で議論が活発になっている。利上げ局面に入った米英に比べて欧州中央銀行(ECB)は金融引き締めが遅れた。このままでは物価上昇を抑え込めないとの懸念がある一方、急速な脱炭素化や新型コロナウイルス感染の拡大、ウクライナ情勢という景気リスクを抱えているからだ。

「景気悪化は政治の責任」

「政治が気をつけないと欧州はスタグフレ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4227文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン