/

この記事は会員限定です

仏大統領選、「一騎打ち」に変化も 地方選で与党惨敗

ルペン党も伸び悩み

(更新) [有料会員限定]

【バルセロナ=白石透冴】27日の仏統一地方選決選投票の結果を受け、2022年の大統領選が従来予想より混戦となるとの見方が広がっている。当初は一騎打ちになることが予想されてきたマクロン大統領と極右ルペン氏の政党がともに大敗し、野党の中道右派共和党が主要選挙区で勝利したからだ。左派も選挙協力や統一候補の擁立に向けた動きがあり、大統領選に向けた各党の駆け引きが加速している。

27日の地方選決選投票では、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り850文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン