/

ウクライナ大統領「中立化可能」 トルコで停戦対話へ

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える

【ブカレスト=久門武史、イスタンブール=木寺もも子】トルコ大統領府は27日、ロシアとウクライナの次回の停戦交渉をトルコのイスタンブールで開くと明らかにした。ウクライナ側によると、28日にも始まる。ウクライナのゼレンスキー大統領は27日、停戦交渉では「中立化」などの点で合意可能との見解を示した。

トルコの声明によると、エルドアン大統領が27日、ロシアのプーチン大統領と電話協議し、対話の開催について合意した。日時は明らかにしなかった。

在トルコのウクライナ大使館は、対話が28日に始まる可能性が高いと明らかにした。ロシアの交渉団代表は開催地に触れず29、30両日に開くとした。

両国の代表団は2月末の初会合から対面交渉を重ねたが停戦合意に至らず、オンラインで話し合いを続けていた。ロシア側代表によると、27日のオンライン協議で対面形式の会談に合意した。

ゼレンスキー氏は27日、西側諸国に戦闘機や戦車といった武器の供与を改めて求めた。南東部の港湾都市マリウポリの防衛に当たる当局者の勇気をたたえたうえで「戦闘機や戦車をどう引き渡すか31日間も考えてきた人たちに、その勇気の1%でもあれば」と訴えた。

ゼレンスキー氏は27日、ロシアとの停戦交渉について、周辺国などによる安全保障を条件に北大西洋条約機構(NATO)加盟を断念する「中立化」などの点で合意が可能だとの見解を示した。一部ロシアメディアとのインタビューに応じた。

ロイター通信によると、ゼレンスキー氏はNATO非加盟と新たな安全保障の枠組みについては国民投票が必要との考えも示した。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
投稿チェック項目URLを投稿文中に入力する場合は、URLの末尾にスペースか改行を入れてください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ウクライナ侵攻

ロシアがウクライナに侵攻しました。NATO加盟をめざすウクライナに対し、ロシアはかねて軍事圧力を強めていました。米欧や日本は相次いでロシアへの制裁に動いています。最新ニュースと解説をまとめました。

■最新の戦況  ■マーケット・金融への影響  ■ビジネスへの影響  ■調査報道

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン