/

この記事は会員限定です

日本、英やNATOと協力拡大を 英離脱半年、識者に聞く

[有料会員限定]

2020年末に英国が欧州連合(EU)を完全離脱してから6カ月がたった。両者の関税ゼロの貿易は維持されたが、英領北アイルランドの通商ルールを巡る英EU間の摩擦は残ったまま。離脱への不満が大きい英北部スコットランドの独立問題もくすぶる。今後の英国や日英関係の見通しについて英有識者2人に聞いた。(聞き手は、ロンドン=中島裕介)

国際ジャーナリスト ビル・エモット氏「スコットランド独立、確率50%」

5~10年の期間でスコットランドが独立する確率は50%はある。一方で同期間...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2312文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン