/

この記事は会員限定です

「強まる環境規制、産業に影響」 ドイツ総選挙

独メッツラー銀行パートナー兼代表取締役 ゲアハルト・ヴィースホイ氏

[有料会員限定]

ドイツ社会民主党(SPD、社民党)が勝ったことで、まずは社民党と緑の党、自由民主党による連立の可能性がある。緑の党と社民党の主導で気候変動対策の規制や政府介入が強まり、(石炭火力など)温暖化につながる発電の終了時期の前倒しもあり得る。ただ、緑の党も強い経済の重要性を認識しており、影響は温暖化に関連の強い産業が中心となりそうだ。

インフラや教育、ヘルスケアへの政府支出は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り181文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン