/

スロバキア、ロシア製ワクチンを承認 EUで2カ国目

【ウィーン=細川倫太郎】東欧スロバキアは26日、ロシア製の新型コロナウイルスワクチン「スプートニクV」を承認した。同ワクチンの承認は欧州連合(EU)加盟国では2カ国目となる。AP通信などが伝えた。

欧州医薬品庁(EMA)はスプートニクVを審査中で、近く結果が出るとみられている。EU加盟国は独自に使用承認を下すことができ、スロバキアは既に20万回分を輸入していた。レングバルスキー保健相は26日、できればEMAの承認を待って使用したい意向を示した。

EU加盟国ではハンガリーが初めて承認し、国民に接種している。スプートニクVをめぐっては安全性や有効性を疑う声が絶えない。ロシアのプーチン政権は積極的にワクチン外交を展開するが、欧州では苦戦している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン