/

デンマーク、コロナ規制を撤廃へ 2月から

【ブリュッセル=竹内康雄、ウィーン=細川倫太郎】欧州で新型コロナウイルスに関する規制を緩和する動きが広がっている。デンマーク政府は26日、2月からすべての国内規制を撤廃すると発表した。オランダやオーストリアも制限措置の緩和を決めた。

デンマークのフレデリクセン首相は26日の記者会見で「規制にさようならを言い、コロナ前の生活にこんにちはと言える」と、コロナ関連の規制を廃止する方針を発表した。マスクの着用やレストランなどの店舗の早い時間での閉店、ワクチン証明の利用といった国内のすべての規制が解除される。

AFP通信によると、デンマークのホイニケ保健相は「2月から新型コロナが社会にとって危険な病気と分類しないようにしたい」と議員に宛てた書簡でこう記した。一方で、国外からデンマークへの訪問者への規制はある程度維持するという。

オランダでは26日からレストランや劇場、博物館などの営業が再開された。今月半ばからは美容院などの営業を認めており、規制緩和の対象業種を拡大した形だ。感染者数は多いものの、変異型「オミクロン型」に感染しても、入院などには結びつきにくいとの判断からだ。

オーストリアのネハンマー首相は26日、ワクチン未接種者を対象にした移動制限を解除すると発表した。2021年11月から食料品の買い物など必要不可欠の理由以外での外出を禁止していた。医療機関が圧迫される恐れが遠のいたため、これ以上の移動制限は不要と判断した。

一方、同国では2月から18歳以上に接種を義務づける。3月中旬から警察が接種の有無を確認し、違反者には罰金が科される。現在、飲食店や小売店を利用する際には接種などの証明を求めており、未接種者の社会生活は依然として限られている。

新型コロナ特集ページへ

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン