/

この記事は会員限定です

水素、脱炭素できる唯一のガス 英ITMパワーCEO

ガス管に水素100%を目標に

[有料会員限定]

環境問題に取り組むうえで水素は非常に重要であり、温暖化ガスの排出量を実質的になくす「カーボンゼロ」に向けた唯一のガスと言える。いま使われているガソリンやディーゼル、天然ガスを水素に置き換えることが求められている。

太陽光や風力など再生可能エネルギーの電気で水を分解する「グリーン水素」が、カーボンゼロを実現するためには効果的だ。世界全体がカーボンゼロに向かう中で、再生エネを使って水を分解するコストは...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1087文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン